音楽教室で練習できる楽器を、ご紹介します!

 

楽器名

 

楽器紹介

 

 

カヒータ・チナ

木製の箱型で、スティックで叩きます。近年はプラスティック製もありクラーベスのリズムを打つ打楽器で、特にルンババンドで使われています。

 

 

カンパナ

ビーター(バチ)で開口部や胴を叩きます。牛などの首に下がっているものは舌がありますが、ラテン音楽で発達し、舌のない楽器になりました。ボンゴ(下記参照)奏者が持ち替えて叩きます。

 

 

グイロ

乾燥させて空洞にした瓢箪の表面に、幾重もの溝をつけた楽器です。

スティックの腹で擦って音を出します。

 

 

クラーベス

キューバで生まれた拍子木に似た楽器で、ローズウッドの堅い木でつくられています。サルサで使われる場合、二本のうち一本は中央が凹んでいます。ルンバの基本リズムを出すので、そのリズムを「クラーべ」と呼びます。

 

 

コンガ

キューバの打楽器で、木を樽型に組んだ太鼓に張った水牛の皮を、両手で叩きます。2本〜3本で一組です。

かつては主にラテン音楽で使用されていましたが、現在は幅広く使用されています。

 

 

ボンゴ

口径の小さい大小の太鼓を連結した打楽器です。座った姿勢で両膝で挟み、両手で叩きます。叩く際は、親指を除く4本の指で叩きます。

 

 

マラカス

マラカという木の実を乾燥させて、中に粒状のものを入れ、振って音を出す楽器です。両手に持って交互に振ります。片手で2本持つパターンもあります。


トップページ