日本キューバ友好協会 第49回定期総会開かれる

 

5月31日、日本キューバ友好協会は第49回総会をお茶の水労音センターで開催しました。参加者は30名でした。

 はじめに来賓の挨拶でロドゲリス駐日キューバ大使は、日頃の日本キューバ友好協会の活動に謝意を述べました。そして8月には原水爆禁止2015世界大会に5人の中の1人のフェルナンド・ゴンザレスICAP副総裁が参加すること、そして大きな集会を予定しているので協力して欲しい、9月にはベトナムで世界連帯会議が開かれるので日本からも代表団を派遣して欲しいと、協会への協力を要請し、米国との国交回復も単純ではないので世界の人々の支援を大きく広げて欲しいと挨拶を閉めました。

 総会ではケニア・セラーノ・プイグICAP総裁(別掲)、日本共産党の緒方靖夫副委員長のメッセージが読み上げられました。

議案の審議では「組織問題」「文化部活動」「財政問題」など質問や意見が出されましたが、やはり「会員の拡大が必要であると一致」しました。会員の拡大では、今、キューバが世界の話題の焦点となっているので、是非各地で「キューバ講演会」を開催し、キューバの現状を話すとともに会員の拡大を訴えることが必要である、との意見が出されました。

新役員の選出に移り、鶴田満彦氏を理事長、監事に浦野保範氏・田中正男氏を選出、61名の理事を選出しました。続いて第1回理事会が開催され、金子勝氏・希代統氏・工藤昌宏氏・西村富明氏・松竹照代氏の5名と26名の常任理事が選出されました。

 最後にキューバ国民へのメッセージ(別掲)を新しく選出された喜多村旬氏が読み上げ、満場一致で採択されました。

                                     (機関紙編集部)

 

最近の活動

 

トップページ