世界連帯月間 大使記者会見 「16年間はあまりにも長い」

CIMG1944-2

 9月12日、キューバ大使館において、「5人のキューバ人」問題について、マルコス・ロドゲリス大使の記者会見CIMG1963-2が行われました。

 

はじめにドキュメンタリー「ロンドンの正義」の抜粋版が上映されました。続いてロドリゲス大使が基調報告を行いました。大使は「無実の罪で不当逮捕されたキューバの5人の即時解放」を訴え、「レネ・ゴンサレスとフェルナンド・ゴンサレスの2人は、不当な刑期が終了し、キューバに帰国したが、ヘラルドの判決は、終身刑2回と15年の禁固刑。彼と妻アドリアーナには子供を作る可能性も否定されました。ラモンの刑期は2024年まで続き、彼は、娘達と妻の人生にとって重要な時期を共に過ごすことができなかった。2024年には60歳になる。アントニオ・ゲレロの母親は今83歳、しかし彼CIMG1953-2の刑期は2017年まで続き、さらにその上5年の保護観察期間を経ないと祖国で母親を抱擁することができない」と現状を説明。さらに「5人はスパイではない。スパイ罪で裁かれたのではない。5人は英雄であり、テロリストではない。5人は米国から行われるテロ攻撃から自国を守っていた。5人は米国の国民に対しても政府に対しても、何ら害になる行為を行っていない」と力説し、「16年間はあまりにも長い、あと一分たりとも延ばすことはできない」と報告を終えました。

 

その後「TBS」「時事通信」「日経」等の記者から質問が出され、大使は丁寧に回答しました。記者会見には20数名が参加し、友好協会からは田中正男監事、名和敬雄・長谷川朗の常任理事が参加しました。

 

(機関紙編集部)

 

最近の活動

 

トップページ