メーデー国際ブリガーダ報告・交流会に参加して

 

8月8日、労音お茶の水センター事務所で開催された報告・交流会に参加しました。この日の参加者は25名、中には静岡から来た学生さんもいました。私は2011年に観光でキューバを訪れましたが、報告・交流会では私が観光では味わえなかったことをたくさん聴くことができました。ちょっと驚いたのが、往復の航空券プラス、4万円弱でこのブリガーダに参加できることはビックリしました。その程度の食事だったそうですが。不便なこともあったそうですが、でもそれ以上にブリガーダに参加して世界各国の人々と交流できる機会はお金には変えられないものがあると思います。キャンプ生活では農業体験や夜の交流会、なかなか観光ツアーでは体験できないことがたくさんあり、正直いいなぁ〜というのが感想です。

 

ブリガーダ、キューバだからこそのイベントだと思います。明るい人々、楽しい音楽、ダンス、これらがイベントを後押ししていると感じました。メインはメーデーですが、そのメーデーが与えてくれたこのような機会はとても大切だと思います。日本でメーデーは小さい存在になっていますが、キューバのような国に行くと、労働者の本来の意義や重要性についても学ぶことができると思います。このような素晴らしいブリガーダ、来年参加できたらいいなと感じながら聴いていました。そして交流会で飲んだラム酒が美味しかったです。

 

      (会員 石川 敦 神奈川県川崎市在住)

 

 

最近の活動

 

トップページ