日本キューバ友好協会50周年記念旅行

 

 日本キューバ友好協会50周年記念旅行が2月11日から10日間の日程で行われた。

 

2月12日、ハバナをバスで出発、サンタクララではゲバラ霊廟を見学、シエンフエスゴ市内見学、トリニダー泊。13日、郊外の世界遺産を見学、カマグエイでは陶芸を見学。ホテルでは日本からきた旅行客としてサルサ教室に参加し大いに盛り上がる。14日、バヤモ市内見学、サンチャゴ・デ・クーバへ向かう途中では、砂糖工場のトイレを借りたが、それからが大変、山道を数時間走り、通行止めで迂回、道を間違えるなどホテル到着は21時過ぎとなる。15日は市内観光のあと、湾内のシーフード昼食。7.26博物館・モロ要塞の見学。16日は一日自由行動、カリブの海で泳いだり、サンチャゴ市内の散策に出かけたりした。カリブの海はしょっぱい味がしたが、水温は高く、快適な海水浴。夜は、日本キューバ友好協会として紹介を受け、再び舞台に上がってサルサを踊りまくる。17日、地下活動博物館は修繕中で見学不可。市内の『吟遊詩人の家』に入り、歌やダンスで楽しむ。夜サンチャゴからハバナへ、7年前はかなり古い飛行機だったと記憶しているが、今回は新型機。フルスピードで走るタクシーでホテル着。18日、革命広場の見学後ICAPを訪問。ケニア総裁と懇談。その後は革命博物館の見学。鶴田夫妻と長谷川夫妻は外務省訪問、夕方市場で合流。夜は元気な人達がトロピカーナを見学。19日、朝4時半出発で空港へ、無事トロントから成田へ向かうはずだったが、ハバナ出発は機体の不具合で3時間遅れ、結局トロント泊。21日、全員無事で成田着。楽しい旅の終わりとともに時差ぼけに入る。(機関紙編集部)

 

 

最近の活動

 

トップページ