盛況だった2013年望年パーティー

 

123-2 毎年恒例の日本キューバ友好協会望年パーティーが201312月7日18時からホテル江戸屋内にある「古拙」で開催され無事に終わりました。今年の望年パーティーは、諸事情により例年と違う場所で行われましたがキューバのリズムに乗りながらの盛り上がりは日本キューバ友好協会創立50周年にふさわしいものでした。望年パーティーへの参加人数は51名です。駐日キューバ大使館の皆さま、協会内外の参加者の皆さまには心より感謝申し上げます。

 

138-2 開会の挨拶で鶴田満彦理事長は、私達にとって忘れてはいけないこととして12月6日に参議院における強行採決の末に成立した秘密保護法について日本国憲法の民主主義の原則と相容れないこと、日本は主権者国民の国であるから国家の情報は国民のものであって基本的には秘密にしてはいけないことを述べました。一般的には「忘年会」という表記が使われています。しかし、日本キューバ友好協会では「望年会パーティー」あるいは「望年会」という言葉が使われています。これは、今年の嫌なことは忘れて次の年を迎えようということではなく、日本キューバ友好協会は、今年のことを糧にして次の年への希望を繋げていこうという考え方のもとで「望年パーティー」としています。

 

 マルコス・ロドリゲス駐日大使は、日本キューバ友好協会創立50周年を迎えていることについてお祝いの言葉を贈りました。挨拶の中で駐日大使は、不当に囚われている「5人の英雄」(5人の内1人が刑期を終えて現在では未だに不当に囚われた英雄支援の活動をしています)問題に想いを寄せて一刻も早く不当に囚われた英雄の解放を勝ち取るための取り組む決意を表しました。日本キューバ友好協会が創立してから50年の間に一貫してキューバの友人であること、キューバの一番苦しい時でもいつも寄り添っていたことへの感謝の言葉でマルコス・ロドリゲス駐日大使の挨拶が締めくくられました。

 

 鶴田満彦理事長とマルコス・ロドリゲス駐日大使の挨拶の後は乾杯とともに歓談へ進んでいきます。ここでちょっとしたサプライズがありました。当協会の常任理事の一人の高科憲邦氏がマルコス・ロドリゲス駐日大使の肖像画を描いて贈呈しました。これには、マルコス・ロドリゲス駐日大使は大喜びでした。

 

157-2 乾杯の後の歓談が進んで盛り上がってくると皆で音楽をして踊るのは、日本キューバ友好協会の望年パーティーではいつものことです。今年はじめて日本キューバ友好協会の望年パーティーに参加した人にもキューバのリズムに乗った楽しい雰囲気は好評でした。はじめて日本キューバ友好協会の望年パーティーに参加した人の一人が「パーティーで歌って踊るところには沖縄と似ているところがありますね」と言っていました。今回の望年パーティーをきっかけにして4人が日本キューバ友好協会への入会を決めました。

 

 日本キューバ友好協会は、日本国民とキューバ国民との友好と連帯を深めていくために硬軟あわせて様々なことに取り組んでいきますので今後とも日本キューバ友好協会をよろしくお願いします。

 

 今年のことを糧にしながら来年を希望ある1年にしていきましょう。

 

(常任理事 横山 一行 東京都江戸川区在住)

 

 

教室・イベント情報

 

トップページ