日本キューバ友好協会 創立50周年記念の講演会・祝賀会開かれる

 

2013年2月16日(土)、中野サンプラザホテルにて、キューバ友好協会創立50周年記念講演会・祝賀会が開かれました。14時から11階のブロッサムルームで記念講演会が開かれ、鶴田満彦理事長のあいさつに続き、「最新のキューバ」と題して駐日キューバ大使のマルコス・ロドリゲス・コスタ氏が記念講演を行いました。講演要旨は別掲。来賓にはイシカワ・セイコウ駐日ベネズエラ・ボリーバル共和国大使が列席しました。

 

16時からは会場を14階のクレセントルームに移動して記念祝賀会が開かれました。

 

乾杯の音頭は久野修慈日本キューバ経済懇話会副会長、サウル・アラーナ駐日ニカラグア共和国大使、緒方靖夫日本共産党副委員長、滝本栄市日本AALA事務局長、日中友好協会の大西広氏、日朝協会の小野寺昭氏の各氏から祝辞を受けました。

 

歓談のあとは「キューバ音楽バンド」の登場です。ギターシンガーのカルロス・セスペデスさん、フルートのペドロ・バージェさん、ダンスはナルシソ・メディナさん。

 

グァンタナメラなど7曲の歌と演奏が参加者を魅了します。最後は神楽坂のみずき連が友情出演、会場をいっぱいに踊りまわる阿波踊りはキューバの方たちをはじめとした皆さんの大喝采を受けました。

 

記念講演会・祝賀会ともに120名を超える参加者で大盛況でした。

 

(機関紙編集部)

 

最近の活動

 

 

トップ