人生が豊かになる体験 国際ブリガーダ参加報告会

 

 

6月17日、松竹照代常任理事によるブリガーダ参加の報告会がありました。

キューバは古くから盛んに諸外国との連帯運動が行われていますが、ICAP(キューバ諸国民友好協会)が主催する国際ブリガーダは、その中でも国を挙げての主要なプログラムとなっています。

松竹さんが参加したメーデーを挟んでのブリガーダには、25カ国、250名が参加したということです。増え続ける参加数は、キューバとの連帯がどれだけ世界に広がっているかということを示しています。農場でのボランティアワーク、様々な施設への訪問、セミナーなど大変充実したぎっしり詰まった毎日の多様なプログラムを通してキューバの現実を学びます。

普通の観光では決して味わえない貴重な体験ができるこのブリガーダの存在は、友好と連帯を提供するキューバだからこそ、と改めて感じました。また、真面目なお堅い内容だけでなく、それはやっぱりキューバですから毎日大笑いあり、夜な夜な繰り広げられるサルサやショー、そして世界中から参加したブリガディスタ達との国際交流も大きな魅力です。

松竹さんも帰国後は今回できた世界中のお友達とのネットを通した繋がりが、毎日活発に続いているそうです!こんなワクワクするお話に、私達も嬉しく、また、羨ましい気持ちになりました。キューバでは、きっと沢山大きな声で笑って、たぶん何度か涙を流したんじゃないかなと思います。報告会の最後には、“オバマは5人の英雄を今すぐ解き放て!”のシュプレヒコールを、そしてメーデーのフィナーレで歌われた“インターナショナル”の歌をこの日に参加した23名全員で合唱しました。

私事ですが、私は初めてキューバに行ったのは会社の語学休暇を利用してスペイン語を学ぶためでした。観光ではこれからもまず行くことはない国だろうから、きっとこれが最初で最後、良い機会だと思ってキューバの学校を選びました。学校のクラスメート達がそれなりの理由でキューバに来ているのに私ときたら、“チェ・ゲバラって何??”というレベルで、キューバに関しての知識や興味なんて全くといって良い程ありませんでした。ところが、初めてのその訪問でキューバの魅力にすっかりはまってしまったのです!

海外経験豊富で、今までもう50カ国も行っているのに、こんなに心が動かされるのはキューバが初めてでした。国を去る日、空港へ向かうタクシーの中で涙が止まらなくなる、なんていう経験も初めてでした。私の中で大きな変化がありました。いつの間にかキューバは私の第2の故郷になっていました。あれから今までず〜っとキューバが好きでいたことを誇りに思っています。

キューバの最大の魅力は“人”ではないでしょうか。そして、誇り高く、愛国心と人情溢れる愛すべき彼らの国は、情熱と笑顔と音楽と、そして愛に満ちています。

今後もっと多くの人がブリガーダに参加して、松竹さんや私のような人生観が変わる素晴らしい体験をして、今までよりももっとキューバを好きになってほしいと心から願っています。

常任理事 北林 美代子


最近の活動目次に戻る

トップページ