キューバ映画 ビデオ鑑賞会

 

 8月22日(日)17時より日本キューバ友好協会事務所にて、インターネットの「キューバ掲示板」で知ったと言う2名を含む14名の参加を得て通算27回目のキューバ映画ビデオ鑑賞会が行われました。今回の作品は「怒りのキューバ」(原題“SOY CUBA”)。

1964年国際映画技術連盟大会最高賞受賞作品。スターリン没後の1950年代の俊英の詩人エフゲニー・エフトゥシェンコが革命後のキューバを訪れて書き下ろした長編叙事詩「私はキューバ」の映画化。出演者は殆どキューバ人で全てキューバロケ。監督は60年代ソビエト映画の旗手の一人ミハイル・カラトーゾフ(1903〜1973)。キューバ革命に纏わるエピソード4話からなるオムニバス。

 

 

< 鑑賞中、皆食い入るように >

 

 

ヤシの林を鳥瞰しながら飛んでいる様なモノクロ映像で始まり冒頭から前衛的映像詩に引き込まれ、やや冗長冗漫な中盤はありましたが気が付いたら2時間余りが過ぎエンドロールが流れていました。長回しの多用、何処か超現実的な画面は、当時32才だったあのアンドレイ・タルコフスキー(「惑星ソラリス」他)にも影響を与えたであろうことは想像に難くありません。上映終了後、参加者にはラム酒が振る舞われ楽しい語らいになりました。次回も大いに楽しみです。

(会員  吉野  紀 )

 

 

< 鑑賞後、アットホームな雰囲気の中で > 

 

最近の活動に戻る

トップページに戻る