2009年望年会が開かれました


  12月12日(土)、協会事務所の地階ホールにて、キューバ大使館関係者14名を含む、56名が参加し、にぎやかに望年会が開かれました。
  冒頭、鶴田理事長から、3週間ほど前にキューバのオルギンで開催された5人のキューバ人の釈放を求める第5回国際会議に、協会常任理事の長谷川さん、滝澤さんが参加したことを報告。それを受けて、コシーオ大使は、協会を代表して参加したお二人を前に、今回の国際会議への参加に対して労いの言葉と御礼を述べられ、今後益々の友好を築いていきたい、と結びました。
  歓談のあとは、プロ・ミュージシャンのペドロ・バージェさん(スペイン語・パーカッションクラス担当)と、参加者との即興ライブが始まり、会場はサルサクラブさながらの熱気に包まれました。トピックスは、来日中の、初代駐日キューバ大使のご子息である、カルロス・アルスガライ・トレトさんの姿もあり、50年前、学生時代を過ごした東京での思い出話に花が咲き、国際交流に一役買っていました。

 

★差し入れ、カンパのご協力ありがとうございました★
(キューバ大使館、鶴田理事長、鶴田みどりさん、渡久地さん、中原さん)

常任理事 松竹照代



アーカイブ目次に戻る

トップページ