協会概要

ごあいさつ

日本キューバ友好協会は、キューバ革命から4年後、1963年に設立された両国の国民・市民レベルの相互理解・友好団体です。キューバは、人口1127万人、1人当たり年間GDPが2800ドル(2002年)に満たない小国ですが、豊かな文化と楽天的な国民性と平等的な生活保障・医療保障システムをもち、超大国米国に対して自主・独立の立場を敢然として守っています。私たちは、キューバ国民の真の友として、このようなキューバ敵対政策に抗議し、いっそう広い範囲での相互理解・友好の活動を強めたいと思っています。なんらかの点でキューバに愛着を抱き、当協会の趣旨に賛同される大勢の方々のご参加をお待ちしています。

創立の経緯

日本キューバ友好協会は、「日本キューバ両国民の相互理解と友好を深め、あわせて相互の繁栄を願い、世界平和に寄与すること(規約第2条)」を目的として、1963年2月16日に創立されました。それは、キューバで新しく生まれた真に民主的な政府と、それを支持するキューバ国民にたいし、「北方の巨人」アメリカ合衆国の支配層が敵対的姿勢を強めたときでした。

61年1月に米政府は、キューバとの国交を断絶しました。4月16日にフィデル・カストロは予想される米傭兵軍のキューバ侵攻を前にして、国民の意思を体して「革命の社会主義的性格」を宣言しました。翌17日、米政府は、キューバを壊滅させる目的で1500名の傭兵をプラヤヒロンに侵攻させましたが、キューバ国民の断固たる反撃を受けて撃退されました。

こうした状況の中で、民主的な社会建設をすすめるキューバ国民の自主的な努力にたいする米国政府の干渉行為に抗議して、世界中でキューバ革命支持、キューバの民族主権の尊重を掲げて(クーバ・シー、ヤンキー・ノー)、世界の各地で運動が展開しました。日本キューバ友好協会は、こうした内外の情勢の中で創立されました。キューバ諸国民友好協会(ICAP)の記録では、世界で最初に設立されたキューバ国民との友好組織です。

創立以来の日本キューバ友好協会の活動は、「日本キューバ友好協会年表-40年略史」をご覧ください。

日本キューバ友好協会年表-40年略史

1959年 1月1日 反バチスタ独裁闘争勝利する。
1961年 1月 キューバ革命2周年記念式典」7名の日本代表団参加。
1961年 4月17日 アメリカの傭兵、プラヤ・ヒロンに侵攻するも72時間でキューバ人民により撃退される。
1961年 4月18日 共産党、社会党、平和・民主団体50組織が集会、アメリカの侵略行為に抗議し、キューバ人民支援の声明を発表。
1962年 9月 協会設立第一回世話人会開かれる。
1963年 1月 協会設立準備会開催される。
1963年 2月16日 協会創立総会開催され、堀真琴理事長選出される。その後、キューバ人民支援の多彩な活動が行われる。
1963年 12月 協会事務所を東京・神田に設置する。
1966年 1月 協会の活動の一環として、「日本キューバ経済・貿易懇談会」設置される。キューバでのマグロ延縄漁業技術指導を行う「在キューバ漁業労働者センター」の活動に協力。協会内に「ラテンアメリカ研究所」設置される。
1969年 3月13日 「キューバ革命勝利10周年記念」の夕べで、作家の松本清張氏講演、約700名参加。その後、数次にわたる日本キューバ友好学生ゼミナールの派遣、ゲバラ選集全4巻の刊行に協力、医療事情視察訪問団派遣、原水爆禁止運動における日本原水協への協力など多彩な活動が行われる。
1972年 5月 キューバ語学校「マキシモ・ゴメス」校の日本語コースに教師として、内山氏夫妻を派遣。
1974年 9月 協会事務所を東京港区新橋に開設。
1975年 5月25日 第12回定期総会にて、石原忠男新理事長就任。
1976年 4月16日 石原忠男理事長を団長とする協会代表団、ハバナでキューバ諸国民友好協会(ICAP)と友好協力協定に調印。
1976年 5月21日 ICAP代表団、第13回総会出席のため来日、千葉、山梨、京都、大阪、兵庫、東海、朝日各支部を訪問。その後、友好訪問団を数次にわたりキューバに派遣する。
1978年 4月9日 キューバの国民的詩人、ニコラス・ギジェンを招聘、京都、大阪、広島など日本各地を訪問。各地で歓迎集会開催。その後、バス・ハイク、7・26記念集会、革命勝利記念集会、プラヤ・ヒロン勝利記念集会、赤旗祭りへの出店、キューバ事情学習会、キューバ音楽の夕べなどさまざまな活動が行われる。
1981年 1月12日 スペイン語教室開設、その後、現在まで継続。キューバ、中米・カリブ海諸国人民との連帯の集い、レーガン政権の干渉政策に対する抗議を行う。本部、大阪、京都、兵庫各支部で友好の集い、野外交流会など開催される。キューバ訪問団を数次にわたり派遣する。連続講座「激動する中南米」開講される。
1986年 12月10日 協会代表団をキューバに派遣し、友好協力協定を更新。
1987年 5月31日 第24回総会が開催され、岡部廣治氏、新理事長に就任、石原忠男氏、名誉理事長に選出される。
1987年 6月5日 キューバ、ポピュラー音楽バンド、ロス・ノベルスを招聘し、新潟、長野、埼玉、東京、愛知、京都、大阪の各地で演奏。述べ3500名が参加。
1988年 8月15日 キューバ、サキソフォン奏者ミゲル・ビジャフルエラ氏演奏会を東京で開催。
1990年 9月17日 協会事務所、東京、文京区湯島に移転。その後、モンカダ兵営襲撃記念シンポ、キューバ事情学習会、日本・キューバ美術交流の推進、スペイン語教室、「基地のない平和な沖縄をつくる会」との共同のお花見会、協会員有志による赤旗祭りへの出店、キューバ空手道への技術指導協力、7・26などキューバ革命記念日の記念行事、在日キューバ人との野外交流会、キューバ音楽を聴く会、キューバの自然災害時の支援活動、数次にわたるキューバ訪問団の派遣、キューバ映画上映会、キューバ料理教室など、各種の活動を行う。
1995年 5月14日 パンフレット『キューバ入門-「難民」問題から日常生活まで-』(1,000部)発行、普及。
1999年 5月22日 創立35周年を祝う会開催。
1999年 11月~12月、キューバから、トリオ・テシスを招聘して、東京公演を開催、札幌、姫路、京都など全国7ヶ所で演奏会開催に協力。
2003年 1月31日 日本共産党副委員長上田耕一郎さんを迎えて「キューバ情勢講演会」開催。
2003年 7月 キューバ友好訪問団を派遣。
2004年 1月29日 創立40周年記念祝賀会を開催。
2004年 5月25日 赤旗外信部長田中靖宏さんを招いて、日本アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会と共催で、東京にて、ベネズエラ問題講演会を開催、150名が参加。
2004年 5月30日 第38回定期総会が開催され、鶴田満彦氏、新理事長に就任、岡部廣治氏、名誉理事長に選出される。