7.26記念講演会のお知らせ

 

 1953726日に当時弁護士だったフィデル・カストロ及び約130名の同志達がバティスタ独裁政権打倒をめざしてサンティアゴデクーバにあるモンカダ兵営を襲撃しました。経験不足、準備不足が相まってモンカダ兵営襲撃は失敗しました。しかし、モンカダ兵営襲撃をきっかけにしてキューバ国内における反バティスタ闘争が高まっていき、これが1959年のキューバ革命に結実していきました。その意味では、モンカダ兵営襲撃は、キューバ革命の契機と言える出来事です。

 

 日本キューバ友好協会は、キューバ革命の始まりであるモンカダ兵営襲撃を記念しての「7.26記念講演会」を例年行っております。今年は鶴田満彦(つるたみつひこ)名誉理事長を講師に以下の通りに講演会を行います。

 

u  日時:2016724日(日)14時〜

 

u  演題:「キューバ経済・社会政策路線改革の行方」

 

u  講師:鶴田満彦(つるたみつひこ)(日本キューバ友好協会名誉理事長)

 

u  場所:アメニティスペース神楽坂
・住所 〒162-0815東京都新宿区筑土八幡町2-5梅野ビル3
・アクセス 最寄り駅:<JR>飯田橋駅東口より徒歩5分、<東京メトロ>東西線、南北線、有楽町線各線の飯田橋駅より徒歩5分、<都営大江戸線>飯田橋駅より徒歩5分 目標:大久保通り沿い、東京新宿メディカルセンター(旧厚生年金病院)の先、1階バイクショップの3階。
所在地は、こちらからグーグルマップで確認できます。→ アメニティスペース神楽坂

 

u  資料代:700

 

 

☆講師プロフィール

 鶴田満彦(つるたみつひこ)(日本キューバ友好協会名誉理事長 中央大学名誉教授)

 1934年中国東北ハルビン市に生まれる。

東京大学経済学部卒業、同大学院博士課程単位取得退学。経済学博士。中央大学教授(19724月〜20053月)、経済理論学会代表幹事、日本学術会議会員、日本キューバ友好協会理事長(20045月〜20165月)を歴任し、現在、中央大学名誉教授、公益財団法人政治経済研究所理事長。

主な著書 『独占資本主義分析序論』(有斐閣、1972年)、『現代日本経済論』(青木書店、1973年)、『現代政治経済学の理論』(青木書店、1977年)、『現代経済システムの位相と展開』(編著、大月書店、1994年)、『現代経済システム論』(編著、日本経済評論社、2005年)、『グローバル資本主義と日本経済』(桜井書店、2009年)、『21世紀日本の経済と社会』(桜井書店、2014年)。

 

 

教室・イベント情報

 

 

トップページ