日本キューバ友好協会主催

プラヤヒロン侵攻撃退55周年記念講演会

 

 55年前の半角名傭兵軍によるプラヤヒロン侵攻を3日で撃退勝利した歴史を振り返りながら、2011年以来の経済社会政策路線にもとづくキューバの現代化の最新情報を、キューバ米国国交回復の影響とともに、駐日キューバ大使に語ってもらいます。

 

u 演題:米国との国交回復とキューバ現代化の前進

u 場所:アメニティスペース神楽坂
東京都新宿区築土八幡町2-5梅のビル3階(グ―グルマップhttps://goo.gl/maps/NSmV3oKCFom
JR
飯田橋駅東口から徒歩7分、大久保通り沿い・1階バイクショップの3

u 講師:マルコス・ロドリゲス・コスタ

u 資料代:700

 

☆講師プロフィール

マルコス・ロドリゲス・コスタ(駐日キューバ共和国特命全権大使)

 

1951年生まれ。1981年ハバナ大学法学部卒業。外務省北アフリカ中東課長。駐ジンバブエ共和国参事官。駐南アフリカ共和国・キューバ大使を経て、2005年〜2012年キューバ外務次官。2012年〜駐日キューバ大使。

 

参加ご希望の方は、あらかじめ日本キューバ友好協会へ、ファクスまたはEメールでご連絡いただけますと幸いです。

FAX: 03-5689-5403

E-Mail: japan-cubap@nifty.com

 

教室・イベント情報

 

 

トップページ