日本キューバ友好協会 お花見のお知らせ

 

日本の花見は奈良時代の貴族の行事が起源だといわれます。奈良時代には中国から伝来したばかりの梅が鑑賞されていましたが、平安時代に桜に代わってきました。それは歌にも現れていて、『万葉集』には桜を詠んだ歌が43首、梅を詠んだ歌が110首程度ありますが、10世紀初期の『古今和歌集』ではその数が逆転して桜が70首に対し梅が18首になっています。「花」が桜の別称として使われ、女性の美貌が桜に例えられるようになるのもこの頃からです。

 

 今年も日本キューバ友好協会のお花見を行います。開花予想は3月下旬とのこと、咲き始めた桜が皆様をお待ちしています。キューバ大使館の方々との交流も企画していまP3290075す。

 

■開催日時 3月27日(日)11時より(原宿駅1040分待ち合わせ)

 

■場  所 代々木公園

 

■会  費 2,000

 

※お花見のお知らせビラ(フライヤー)のPDFデータはこちらからダウンロードできます。お花見のお知らせ(チラシの画像をクリックしてもデータをダウンロードできます)

 

 

 

教室。・イベント情報

 

 

トップページ