日本キューバ友好協会主催 2.11新春講演会

演題「砂漠を超えたマヤの民」

 

 メキシコの歴史のなかでつねにそうであったように、新自由主義の最大の犠牲者は先住民のインディオである。従来の出稼ぎ先を奪われた彼らは、今までは、命がけで北部国境の砂漠地帯を超え、さらにそこから就労地まで、大型トレーラーの荷台に隠れて旅を続ける。

 

 ニューヨークのスタテン島で清水透氏は、5年間行方不明だった知り合いのマヤ系インディオ、チャムーラの若者ファニートとの再会を果たす。長年にわたるチャムーラ村での調査とファニートの聞き取りから見えてくる砂漠越えと「不法就労」の実態とは?そしてインディオにとって、国境を超えるとは何を意味するのだろうか?

 

 

◆演題

砂漠を超えたマヤの民

◆日時

2016211日(木・祭日)午後2時より

◆場所

文京シビックセンター区民会議室3A会議室

東京メトロ後楽園駅下車徒歩2分、都営地下鉄春日駅下車徒歩5

電話 03-5803-1100

◆講師

清水 透氏(慶応大学名誉教授)

◆資料代

700

 

 

☆講師プロフィール

1968年東京外語大学大学院修了

1976年メキシコ大学院歴史学博士課程修了、東京外語、獨協大学、フェリス女学院大学、慶応大学教授を経て2009年退職。

慶応大学名誉教授

1979年より現在に至るまで、メキシコ最南端の州チアパス州のマヤ系先住民チャムーラの村の一家族の聞き取りを続け、目下三世代目の聞き取りを実施中。2011年にはNYで「不法就労」中の三世代目の聞き取りを行う。

主要著書

「コーラを聖なる水に変えた人々」現代企画室

「エル・チチョンの怒り」東大出版会

「〈他者〉との遭遇」青木書店

「ラテンアメリカ 出会いのかたち」慶応大学出版会

「砂漠を超えたマヤの民」(オルタナティヴの歴史学)有志舎

「ラテンアメリカのルソー」立教大学

 

参加ご希望の方は、あらかじめ日本キューバ友好協会へファクスまたはEメールでご連絡いただけますと幸いです。

日本キューバ友好協会

FAX: 03-5689-5403

E-Mail: japan-ciba@nifty,.com

 

講演会のチラシは、「砂漠を越えたマヤのをクリックするとPDFデータをダウンロードできます。必要に応じてご利用ください。

 

 

教室・イベント情報

 

 

トップページ