2014年 7.26記念講演会のご案内

 

 7月26日は、1月1日とならんで、キューバのナショナル・デーです。1953年7月26日に、カストロ兄弟ら百数十人の若者が、サンチアゴ・デ・クーバのモンカダ兵営を襲撃することによって、バチスタ軍事独裁政権にたいする独立・民主主義革命の狼煙を上げ、1959年1月1日の革命勝利へと導いたからです。

 

 革命勝利後55年の今日、キューバは、「誰もが見捨てられることがない」という社会原則を維持しながら、持続的で、繁栄する社会主義をめざして、市場経済や外資も活用しつつ、国民一体となって努力していますが、二重通貨制による格差、食料自給率の低さなどの問題はまだ解決されていません。

 

 今回は、最近キューバを訪問したジャーナリストの岡田則男さんに、見たまま、聞いたままの現実のキューバについて語っていただき、日本とキューバ友好の新たな道を探ってゆきたいと思います。日本キューバ交流400周年の今年、岡田さんの講演を通じてキューバへの理解を深めましょう!

 

フライヤーの画像をクリックするとPDFファイルが開きます。必要に応じてダウンロードしたり印刷したりして下さい。

 

■日 時 7月22日(火) 1830分〜

 

■場 所 文京シビック 区民会議室4階 会議室B

 

■最寄駅 都営三田線・大江戸線「春日」駅5分、東京メトロ「後楽園」駅2分

 

 

 

■テーマ 「人力が輝くキューバ人の生きる力」

 

■講 師 岡田則男氏(労働総研理事・株式会社ジャパン・プレス・サービス前社長)

 

■参加費 700

 

 

 

 

 

 

 

 

教室・イベント情報

 

トップページ