「モンカダ兵営襲撃60周年記念講演会」のお知らせ

 日本キューバ友好協会は、722日(月)に以下の通りにキューバ革命の始まりと言われる、モンカダ兵営襲撃60周年を記念する講演会を執り行います。お誘い合わせの上、お越しくださると幸いです。

 

☆演題

キューバ革命の現在

☆日時

722日(月)1830分より

☆場所

文京シビックセンター5階会議室C

東京メトロ後楽園駅下車徒歩5分、都営地下鉄春日駅下車徒歩7

TEL 03-5803-1100

☆講師

後藤政子氏(神奈川大学名誉教授)

☆資料代

700

☆主催

日本キューバ友好協会

TEL/FAX:03-5689-5403

E-Mail:japan-cubanirty.com

メールを送信する際には□の部分を@にしてください。ウィルス及び迷惑メール対策ですのでご理解をよろしくお願いします。

☆備考

右画像をクリックするとPDFファイルが開きます。よろしければ、PCに保存して印刷するなどご利用ください。

 

 キューバ革命は、1953年のモンカダ兵営襲撃を起点とし、1959年バティスタ軍事独裁政権を打倒して勝利をかちとります。その後、革命政権は、1961年以降、半世紀を超えて続く米国からの経済封鎖、その他の米国発の軍事侵攻及びテロリズムにも耐え、旧ソ連の崩壊による政治的経済的困難をもしのいで存続しています。2011年からは、革命政権は、新しい経済・社会制作路線を追求しながら新たな局面を迎えています。キューバが今後どんな方向に進むのか、これらの問題について、現代ラテンアメリカの専門家である後藤政子氏が講演会において率直に語ります。

 

 

☆講師プロフィール☆

後藤政子(ごとうまさこ)

 

東京外国語大学スペイン語学科卒業、ラテンアメリカ現代史専攻。神奈川大学外国語学部教授を経て、現在、神奈川大学名誉教授。

 主な著書『新 現代のラテンアメリカ』(時事通信)、『キューバは今』(御茶の水書房)、『キューバを知るための52章』(編著・明石書店)ほか。

 主な訳書『カストロ 革命を語る』(同文館出版)、『エルネスト・チェ・ゲバラ伝(上下)』(パコ・イグナシオ・タイボ著 海風書房)、『わが夫、チェ・ゲバラ』(アレイダ・マルチ著 朝日新聞出版)、『キューバの歴史―先史時代から現代まで』(キューバ教育省著 明石書店)ほか。

 

 

教室・イベント情報

 

 

トップ