対キューバ経済封鎖でオバマは依然としてさらにできることがある

~2016年10月14日のオバマ大統領のキューバとの国交正常化に向けての新政策発表を受けて~

2016年10月20日、グランマ英語版より
日本キューバ友好協会機関誌部訳

  1. キューバに対して米国での旅行情報事務所の開設を許可すること
  2. キューバ経済の重要分野向けに米国の生産物、例えば鉱物、旅行、バイオ技術、そして石油などを輸出することを合法化すること
  3. 民間部門で生産されたもの以外のキューバ製品の米国への輸入を合法化すること
  4. キューバで生産、製造あるいは育成されたニッケル、砂糖、たばこ、ラム酒などのキューバ製品の米国への輸入を合法化すること
  5. キューバ国内でバイオ製品の生産に使う部材や設備のキューバへの輸出を合法化すること
  6. キューバの医薬品、バイオ医薬品の開発、マーケティング、供給についてより広範な協力関係を認めること、米国企業による直接投資や合弁事業などの形で
  7. キューバ国民や他の途上国の人々向けにキューバが生産する医薬品向けに必要な原料を販売することを認めること
  8. 米国企業に米国内でのキューバの医薬品販売を認めること
  9. 米国国民にキューバの医薬品の購入、代金支払いを認めること
  10. キューバの銀行や企業に米国での銀行口座開設を認めること
  11. 国際金融機関の米国代表にキューバに対する信用状交付などを阻止しないように指導すること
  12. 米国国民と企業がキューバに投資することを認めること、通信分野で認可されるもの以外に
  13. キューバとの輸出入に関係のない米国の子会社に、キューバとのサービス提供のようなビジネス(トリセリ法で禁じられている)を認めること
  14. 米国企業にキューバの排他的経済領域(EEZ)にあるハイドロカーボンの探査や掘削に関係するあらゆる取引や輸出を行うことを合法化すること
  15. 米国企業にキューバの排他的経済領域あるいは経済水域での石油流出防止のためのあらゆる取引や輸出を行うことを認めること
  16. 外国企業に米国部品が25%以上使われている石油探索、掘削基地を使うことを合法化すること
  17. 外国の掘削基地に対してキューバの排他的経済領域での石油探査に参加することを合法化すること
  18. キューバの機関やキューバと利害を共にする外国の企業を含む、特別に作成されたリストを削除すること。リストに乗ったこれらの企業は、あらゆる封鎖規制の対象とされ、米国あるいは第三国で米国と関わる外国企業との商業、金融取引を行うことが禁じられている。

グランマ紙 2016年10月20日掲載

■関連記事
ホセフィナ・ビダル キューバ外務省米国総局長「オバマ大統領は去るが、封鎖は残る」