ポサーダ・カリーレスの罪状


1976年のキューバ航空機爆破事件、2000年のカストロ議長暗殺未遂事件などの首謀者、ポサーダ・カリーレスは、数々のテロ行為を実行した国際テロリストとして、その犯罪を裁くよう、米国のニューヨーク・タイムズなどのマスメディア、キューバ、ベネズエラ、メルコスルなどのラテンアメリカ諸国によって要求されていますが、本年4月米政府は彼を釈放しました。ブッシュ政権のテロ対策への二重基準が鋭く問われている問題です。参考資料として、ポサーダ・カリーレスの罪状を紹介します。


1928年2月15日、ルイス・ポサーダ・カリーレス、キューバのシエンフエゴスに生まれる。父親は、製糖工場の化学技師。身長190センチ、瞳の色、緑、白髪、肌の色は白。キューバ人女性ニエベス・ゴンサーレス・レイバと結婚、二人の子供。エルサルバドル女性を愛人とする。
次の偽名を多用:Ramon Medina, Ignacio Medina, Juan Ramon Medina, Ramon Medina Rodriguez, Jose Ramon Medina, Rivas Lopez, Juan Jose Rivas, Juan Jose Rivas Lopez, Julio Cesar Dumas, Franco Rodriguez Mena.

1954年、ハバナに移住し、米企業、ファイア・ストーン社勤務。バチスタとの関係をもち、バチスタ独裁制の秘密警察の協力者となる。
1957年、FBIとの関係が始まる。ファイア・ストーン社のセールスマンとして中南米を回る。
1959年、キューバ国内各地の反革命破壊活動分子と協力。ドミニカの独裁者、トルヒージョ大統領のキューバ革命政府転覆活動に参加。
1960年、アルゼンチン大使館に政治亡命。

1961年2月25日、出国許可を取得し、マイアミに到着後1週間して、CIAの命令により米国の傭兵によるキューバのプラヤ・ヒロンへの侵攻計画で訓練指導員として参加。マイアミの反革命テロ組織、キューバ民族主義運動(MNI)と関係を持つ。3−4月、グアテマラで侵攻軍の訓練の教官となる。プラヤ・ヒロンには、船の故障により参加できず。
1962年、CIAにより訓練を受ける。
1963年、CIA要員となる。海事関係の訓練教官となる。ジョージア州のフォート・ベニングでマス・カノーサとともに、キューバ侵攻訓練、爆発・破壊・諜報活動の訓練を受ける。他の亡命キューバ人とともにケネディ大統領暗殺に関与。米軍の中尉の位を受ける。
1964年、CIAのタンパ基地にて、傭兵キューバ人を訓練。
1964−65年、米国、ドミニカ、プエルトリコで反キューバ革命活動に参加。CIA・FBIにマイアミのキューバ人についての膨大な情報を提供。CIA、ポサーダに反キューバ秘密作戦訓練センターの設立を指示。
1965年、FBI、ポサーダがグアテマラ政府打倒に関係していると報告。
1965年6月、ポサーダ、マス・カノーサとメキシコのベラクルスでソ連船を爆破する計画を立てる(CIA解禁文書)。

1967年10月、CIAによりベネズエラに派遣され、ベネズエラの情報・予防サービス局(DISIP)で作戦部長として勤務、左翼勢力を弾圧。バシリオの偽名を使用。
1967−76年、CIA要員として、ベネズエラ、グアテマラ、エルサルバドル、チリ、アルゼンチンで秘密作戦に従事。60年代、反キューバ革命組織、Alpha 66, Comandos L, Movimiento 30 de Noviembreと密接な関係を維持。
1971年、ポサーダ、カストロのチリ、ペルー、エクアドル訪問の機会に、暗殺を計画。
1974年1月、アルゼンチン、ペルー、メキシコのキューバ大使館爆破事件に関与。
1974年、ポサーダ、メキシコのキューバ領事暗殺に参加、領事の警備員死亡。
1974年7月、ラ米の各キューバ領事館に爆弾入り書籍を送る。
1974年11月、ブラジル研究所とエクアドルのボリビア大使館爆弾を仕掛ける。
1974年12月、ボッシュ他亡命キューバ人、チリに到着、ピノチェトの「コンドル作戦」での協力を開始。
1975年6月、ポサーダ、カラカスにテロ活動用の隠れ蓑会社、商業・工業調査企業(ICICA)を設立。
1975年10月、ポサーダ、チリ人政治家、ベルナルド・レイトン夫妻をローマで暗殺計画を実行、夫妻は重症。

1976年、オルランド・ボッシュとともに、反キューバテロ組織、統一革命組織委員会(CORU)を設立。76年1月−77年1月、CIA長官は、ジョージ・ブッシュ(父)。
1976年4月、ポルトガルのキューバ大使館爆破事件に関与。キューバ人外交官2名死亡。爆弾はC−4(一般にCIAが使用する)。
1976年6月21日、ポサーダ、キューバ航空機爆破計画をCIAに報告。
1976年7月1日、コスタリカのコスタリカ=キューバ文化センターに爆弾を仕掛ける。
1976年7月9日、ジャマイカでキューバ航空機の荷物の中に爆弾を仕掛ける。
1976年7月10日、バルバドスのキューバ航空事務所に爆弾を仕掛ける。
1976年7月11日、コロンビアでエアー・パナマ事務所に爆弾を仕掛ける。
1976年9月21日、ポサーダ、ボッシュ、ギジェルモ・ノボ・サンポルとともに元チリ外相、オルランド・レテリエル、アメリカ人ロニ・モフィットの爆弾暗殺に関与(FBI文書)。
1976年10月4日、CORU、キューバ映画を上映しているプエルトリコのTV局に爆弾を仕掛ける。
1976年10月6日、バルバドス上空でキューバ航空機を爆破。73名全員死亡。主犯オルランド・ボッシュとともに首謀者と認定される。その後カラカスでベネズエラ当局に逮捕され、エルナン・リカルド、フレディ・ルーゴとともに服役。

1985年8月、ベネズエラ刑務所で服役中に脱獄。アルバ経由でコスタリカ、エルサルバドルに逃避。エルサルバドルで待っていたのは、ポサーダの上司フェリクス・ロドリゲス(1967年、ボリビアで捕捉中のゲバラ殺害指示者)。この脱出は、全国キューバ系アメリカ人基金(FNCA=スペイン語、CANF=英語)とCIAにより資金が支援された。
1985年以降、エルサルバドルのイロパンゴ軍事基地を基盤に、ニカラグアのサンディニスタ政権打倒のため、反革命勢力(コントラ)とともに秘密作戦を展開。オリバー・ノース=CIAの武器輸送網(イラン・コントラ)の一翼を担う。多くのニカラグア人が死亡。
1986年、イラン・コントラ事件発覚後、ベネズエラ人教官とともにエルサルバドルで警官に対ゲリラ戦技術、尋問方法を教える。
1987年、ベネズエラ法廷、ポサーダを逃亡中で判決を下さず、オルランド・ボッシュを爆破事件と無関係として釈放。
1988年、グアテマラに移住し、グアテマラ電話公社の保安顧問として働く。ビニシオ・セレソ大統領の安全保障補佐として活動。
1989年6月、連邦検事、ジョー・D・ホイットレー、FBIその他の資料からボッシュを数々のテロ事件に関与したとして、米国から国外追放を命じたが、ブッシュ大統領、釈放しマイアミの自宅にかくまう。
1990年7月、ブッシュ大統領、ボッシュを自由人だと宣告。ポサーダ、グアテマラで爆破未遂事件で負傷、FNCAの資金を受けて、エルサルバドルで長期間治療。

1992年、FNCA、反キューバテロ活動用の軍事組織を組織し、ポサーダ、ノボ・サンポルとともに参加。
1993年、FNCAのテログループ、キューバ国民戦線を名乗る。
1994年1月、ホンジュラスのカルロス・ロベルト・レイナ大統領就任行事でカストロの暗殺をFNCAの資金により計画。
1994年6月、コロンビアのカルタヘナでガルシア・マルケスと同行していたカストロ暗殺を計画。自伝「戦士の道」を発行、FNCAとの関係を軽く触れる。
1994年、ポサーダ、ホンジュラスにおいてキューバ侵入の秘密コマンドを訓練秘密基地で、ホンジュラスの軍事諜報員として活動。

1994−97年、中米諸国で、キューバ観光施設爆破テロ要員を訓練。
1995年、ポサーダ、ホンジュラスの各地で41回の爆弾を設置。
1995年6月、コスタリカに行き、キューバ船爆破を計画、12月に実施。
1997年、キューバの数箇所の観光施設爆破事件を指導。イタリア人Fabio di Celmoが死亡。
1997年、ベネズエラのマルガリータ島における第7回イベロアメリカ首脳会議開催の機会にカストロ暗殺を計画。キューバ側に発覚され、未遂となる。
1998年7月12日・13日、ニューヨーク・タイムズとインタビューし、キューバの観光施設爆破計画の首謀者であることを認め、その資金がFNCAにより出ていることを認める。また、CIA、FBIより一度も妨害を受けなかったと述べる。ベネズエラ、エルサルバドル、グアテマラ、米国の4つの国籍、パスポートをもっていることを認める。
1998年8月、カストロのドミニカ訪問の機会に、暗殺を計画。
1998年9月、キューバのホテル爆破実行犯、Raul Ernesto Cruz Capote逮捕され、ポサーダから資金を受け、指示されたものであることを認める。
1998年、ポサーダ、ハバナ―中米のキューバ航空機爆破を計画。

2000年11月、パナマでイベロアメリカ首脳会議に参加したカストロ議長暗殺未遂事件を計画、逮捕される。ガスパル・ヒメネス・エスコベド、ペドロ・レモン、ギジェルモ・ノボ・サンポルとともに逮捕、拘留。
2004年4月、パナマで暗殺未遂関係者、裁判で4−8年の懲役の判決を受ける。

2004年8月26日、ブッシュ政権の圧力でパナマのミレヤ・モスコソ大統領、政権交代5日前に、ポサーダ・カリーレス他3名を恩赦で釈放。トクメン国際空港に飛行機で移動したあと、特別機でホンジュラスに向かい、ポサーダはホンジュラスに留まる。他3名はマイアミに到着。
2005年3月、ポサーダ、メキシコ経由でエビ漁船にてマイアミに不法に入国し、亡命を求めて帰国。
2005年4月、カストロ議長、国際テロリスト、ポサーダをかくまっている米国政府を非難。
2005年5月4日、ベネズエラ外相、アリ・ロドリゲス、ベネズエラ・米国の両国により署名されている犯罪者引渡し協定に基づき、ポサーダ・カリーレスの身柄引き渡しを米国政府に要求。
2005年5月10日、ニューヨーク・タイムズ、米国政府は、ポサーダを逮捕し、ベネズエラ政府に引き渡すべきだと社説で主張。
2005年5月12日、カストロ議長、FBI、CIA解禁文書を引用し、キューバ航空機爆破事件へのFBI、CIAの関与を指摘。
2005年5月15日、マイアミの「ヌエボ・ヘラルド」紙(右派系)も、ポサーダは、フィデル・カストロとの戦争で勝てない」と報道。
2005年5月17日、ハバナで、ポサーダ・カリーレス裁判要求のデモ行進。120万人参加。マイアミで、ポサーダ・カリーレス逮捕される。
2005年5月28日、米当局、ポサーダをベネズエラに引き渡すに足る十分な犯罪証拠がないと述べる。
2005年6月15日、ベネズエラ政府、公式にポサーダの身柄引き渡しを要求。
2005年9月13日、キューバ政府、テロリスト。ポサーダ・カリーレスのキューバ引渡しを米国政府に要求。
2006年3月、米移民局、ポサーダは、当面釈放されないと述べる。
2006年3月22日、米移民局、ポサーダ・カリーレス宛の書簡を送り、「国際社会、航空の観点から国家安全保障上危険人物とみなし、釈放できない」とのべる。

2007年4月6日、テキサスの法廷で、キャサリン・カルドーン判事は、ポサーダ・カリーレスの5月11日までの保釈金、釈放を決定する。
2007年4月19日、ポサーダ・カリーレス、米連邦裁判所によって保釈される。
2007年5月8日、米連邦裁判所は、ポサーダ・カリーレスの入国管理法違反の起訴もすべて却下。

岡知和作成。(資料:AIN、Prensa Latina, Granma)

 

←前の記事      ↑アーカイブ目次      次の記事→

トップページ