キューバの葉巻

  たばこは砂糖と共にキューバを代表する農産物の一つで、キューバ、ドミニカ、ホンジュラスが世界3大葉巻生産国として知られている。その中でもキューバ産葉巻の品質が最も優れていることは世界的に知れ渡っている。
  1492年にクリストバル・コロン(コロンブス)が新大陸を発見した際、コロンの使者でスペイン特使のルイス・デ・トーレスがキューバ島に上陸し、先住民のタイノ族が、植物の葉を燃やした煙で体を焚きこんでいる情景を報告している。この植物こそがナス科・たばこ属の一年草の植物である「たばこ」で、彼等はスペインにたばこ葉を持帰っている。また、1519年にエルナン・コルテスがメキシコに上陸した際、アステカ族がパイプで喫煙する習慣のあることを見ており、喫煙の風習はかなり古くから行われていたと言える。
  キューバ西部のピナール・デル・リオ県はたばこ栽培に適した土壌と気候で、同県の大部分を占めるVuelta Abajo(ブエルタバホ)地方で高品質のたばこ葉が栽培されている。その中でもSan Juan(サンフアン)、Martinez(マルティネス)、San Luis(サンルイス)の三地域で最高品質のたばこが栽培されている。たばこ栽培には湿度79%、平均気温25℃、適度な降雨、砂質で若干の酸性土壌が最も適している。同県以外のキューバ国内、また世界的に見ても多くの国でたばこは栽培されているが、ブエルタバホに軍配が上がる。同じ種を蒔いても土地によって収穫される品質に大きな差が出ることは周知の事実で、世界地図の中では極めて狭い土地で世界に誇れる最高級の作物が栽培されていることは興味深い。
  嗜好品である葉巻は、価格設定、味の表現方法、ビンテージ物が存在すること、オークションに出品される等、ワインと同類と言える。ワインが1本数百円台から百万円以上するものがあるように、キューバ産葉巻でも日本国内で1本3〜4百円で買えるものから、1本数万円でオークションで落札されるものまである。2004年イギリスで行われたクリスティーズのオークションで25本入りボックスのLa Flor de Cano short churchillsが6000ポンド(約121万円)で、また1980年代のDunhillは540ポンド(約109万円)で落札された。
  現在日本で購入出来るキューバ産葉巻は20銘柄程度あり、その中でもCohiba(コイーバ)は値段も高いが、その高い品質で世界で最も人気のある銘柄の一つである。キューバ革命前は、一説では500以上もの銘柄があったとのことだが、革命後、生産と販売を集約管理した際、銘柄も大幅に絞り込まれた。コイーバは1968年に生まれたキューバ革命後最初の銘柄で、1982年のスペインワールドカップまでは一般に販売されることがなく、キューバ政府の贈答用、またVIP向けや外国人向けの販売に限定されていた。
  筆者は1980年9月に初めてキューバを訪問したが、前年の9月にハバナで第6回非同盟諸国首脳会議が開催されており、会場となったコンベンションホールの見学がセッティングされた。当時一般には販売されていなかったコイーバをコンベンションホールの売店で購入した覚えがある。これはキューバ儀典局差し回しの運転手が大の葉巻好きで、普通では絶対買えない凄い葉巻がある、と言うので、思わず買ってしまったのであった。かなり高価だったと記憶している。この時、生まれて初めて葉巻を吸ったが、喫煙の習慣がない私にとって、吸った葉巻がコイーバでは猫に小判であった。何しろ味が分からなく、大枚支払ったものが煙になっていく、との思いしかなかった。実にもったいなく、葉巻が気の毒な位だったが、葉巻好から見れば贅沢この上ない経験だった。
  コイーバの後継銘柄としてTrinidad(トリニダ)がある。トリニダはコイーバが一般向けに販売された後、キューバ政府の贈答用として長年使われていた幻とも言える銘柄だったが、1998年からは一般向けに販売がされている。値段はコイーバと大差なく、サイズによって異なるが日本国内で1本2千円から5千円程度で購入することは出来る。葉巻は初心者向け、経験者向け等と分類されることがあり、味の表現も、軽い、甘い、マイルド、スパイシー等から香りが強く通向き、アフターディナー向け、エスプレッソコーヒーとの相性が良い等、千差万別である。
  葉巻の保管は湿度約70%、気温約20℃、直射日光の当たらない、風通しの良い場所での保管が理想的で一番の敵は乾燥。温湿度を一定に保つ葉巻専用の保管箱「ヒュミドール」に入れておくことが望ましい。大きさにもよるが、数千円程度のものから数十万円まである。吸い口をカットする専用カッター、専用マッチ、携帯用の2−3本用革ケース等、凝りだせば予算がいくらあっても追いつかない。
  葉巻は確かに贅沢品といえよう。どんな時に葉巻を吸いたいか?何人かのキューバ人に聞いてみたことがある。共通する回答は「休みの日にゆっくりとシャワーを浴び、ソファーに座って、コーヒーをゆっくりと飲みながら、時間を掛けて楽しみたい」というものだった。葉巻はゆったりとした時間を楽しむための良きパートナーとも言われている。
 喫煙家にとっては肩身の狭い時代。葉巻となれば尚更で、紙巻たばこの喫煙が許される場所でさえ敬遠され、シガーバーか自宅か屋外で楽しむ以外にない。筆者は現在、紙巻も葉巻も一切吸わないが、葉巻に関する歴史や銘柄、更に葉巻に巻かれているリングに興味を持っている。リングは吸い口近くに巻かれてる銘柄を印刷した紙製で、同じ銘柄でも何種類ものリングがある。日本では馴染み薄いが、海外ではリング収集家もいるコレクターズアイテムになっている。

(協会監事 浦野保範)


 

←前の記事      ↑アーカイブ目次      次の記事→

トップページ