キューバ料理教室、わたしの感想とレシピ

11月に行われたキューバ料理教室では、黒豆のポタージュとハバナ風ピカディージョがメイン料理でした。ここに紹介しますので、皆様のお家でもどうぞ。

  料理とは、つくる人の性格や食に対する姿勢が反映されます。特に煮込み料理は適当につくってもそれなりに出来上がるので、できるだけ手を抜いて、そこそこのものをつくろうと考える人もいますし、見えないところにひと手間かけて美味しさを追求する人もいます。
  今回の料理教室では、各班の講師が味付けはもとより、具の切り方から調理器具の選定までかなりこだわって指導していました。その顔つきは笑顔というより、真剣そのものでした。黒豆に混ざっているゴミや割れた豆を取り除く作業も本当に丹念に行ない、キューバ女性の几帳面さと料理に対するこだわりを感じました。
  ここ15年来キューバで続く食料不足の中、1人の餓死者も出さず、また世界に誇る優秀なスポーツ選手やアーティストを輩出している人材の宝庫、キューバを根底から強力に支えているのは、実は彼女(母親)達なのかもしれませんね。
(文 三輪万里子、イラスト 永井瑞紗)





←前の記事      ↑アーカイブ目次      次の記事→


トップページ