ハリケーン「カトリーナ」とキューバの医療支援

日本キューバ友好協会理事長 鶴田満彦

 8月末から9月初めにかけて、大型ハリケーン「カトリーナ」は、キューバのピナール・デル・リオ県その他にも若干の被害をもたらしましたが、米国のルイジアナ、ミシシッピー、アラバマなどの南部諸州に自然災害としては史上空前の打撃を与えました。米国における死者は9月20日の時点で800人以上とされていますが、まだ犠牲者総数さえ把握されていない状態です。この災害をめぐっては、被害者に黒人や貧民が多く、米国社会の不平等性を明るみに出したとか、イラク戦争のために州兵も連邦予算も優先されていて救助や災害対策に重大な不備があったとか、さまざまな問題がクローズアップされていますが、米国南部諸州にもっとも近い外国であるキューバが、きわめて迅速に医療支援の申し出をしたにもかかわらず、米国政府に無視されたということは、あまり知られていません。この問題を9月2日に放送されたテレビ・円卓会議でのカストロ議長の説明にもとづいて紹介しましょう。

ハリケーン・デニスの被害

 キューバ政府の支援の申し出は迅速でした。8月30日午前11時32 分にカストロ議長はフェリペ・ロペス外務大臣に、ハバナの米国利益代表部およびワシントンのキューバ利益代表部をつうじて、米国政府に対してハリケーンによる被害に同情の意を表し、医療の分野での支援を申し出る書簡を手渡すよう指示しました。同日12時45分にキューバ政府外務省のホセフィーナ・ヴィダル北米局長代行は、ハバナの米国利益代表部のリー副長官に会って書簡を手渡すとともに、口頭でも申し伝えました。その際、ヴィダル氏は、「われわれは宣伝と受け取られるのを望んでいないので、公表はしない。あなたがたの返事を待つ」と申し添えました。同日午後4時30分、ワシントンのキューバ利益代表部のロドリゲス長官は、米国国務省のジョン・リーガン氏に会い、ハバナで手渡したものと同一の書簡を手渡しました。
 9月1日朝からキューバでは人民権力会議(国会)が始まりました。この会議の冒頭、議長団が最初に提案したことは、「米国国民への連帯のメッセージ」を採択するとともに、犠牲者に黙祷を捧げることでした。この提案は、もちろん賛成を得て、実行されました。
 ところが、同日12時46分に米国国務省のスポークスマン・マコーマック氏が記者会見を行い、カトリーナによる被害に対して援助や支援を申し出ている国や機関のリストを発表したのですが、その中には、中南米だけでもホンジュラス、ベネズエラ、OAS、ジャマイカ、コロンビア、ドミニカ、エルサルバドル、メキシコが挙げられていたにもかかわらず、キューバの名前はなかったのです。

ハリケーン・デニスの被害

 そこでカストロ議長は、9月2日に放送されたテレビ円卓会議において、この問題に関するキューバ政府の立場と医療支援プログラムの全容を明らかにしました。というのは、これまでは政治的・イデオロギー的対立が存在していても、災害の際にはキューバが外国に対して支援してきたことを知っている米国内外の多くのキューバの友人たちが、カトリーナによる破壊について米国に支援しないのはおかしいと電話してきたからです。この円卓会議でカストロ議長は次のように言っています。「長いリストの中にキューバの名前はなかったが、多分われわれは支援を申し出た最初の国であったと考えられる。われわれの立場を憤激とか不満と考えてもらっては困る。ハバナの米国利益代表部のリー副長官には、宣伝と受け取られるのを望んでいないと言ったので、通訳上の誤解もあって、米国は公表しなかったのかも知れない。私は、キューバの名前が意図的に削除されたと言っているのではない。意図的に削除されたのであったとしても、われわれは気にしない。われわれは、良い評判を得たり、感謝されたりするために何事かをなしたことはない。猛烈な地震がニカラグアを襲ったとき、独裁者ソモサはまだ大統領だったが、キューバの野戦病院と医師たちは最初に救援に駆けつけたメンバーの一員だった。」

派遣を待つキューバ医師団

 今回のキューバの医療支援プログラムは、カストロ議長によれば、以下のようなものです。「第一陣は、100人の総合医療専門の医師で、それぞれバックパックに24キロの医薬品と診療器具を携帯しており、3日未明には出発することができる。第二陣は、同じく総合医療の専門家500人で、同じ装備をしており、3日正午あるいは午後には出発できる。第三陣は、やはり総合医療の専門家500人で、4日の午前には出発できる。したがって36時間以内に1100人の医師を26.4トンの医薬品・診療器具とともに派遣することができる。これらの医師たちは、英語の基礎知識を備えており、患者と意思疎通をはかることもできる。われわれは、米国当局の応答を待っているだけだ。」
 以上が、9月2日の円卓会議で明らかにされたカトリーナの被害についてのキューバの立場と医療支援プログラムの内容です。その後、私の知る限りでは、米国政府からの応答があったという報道はありません。キューバが、これまでの対立を一時棚上げしてでも医療支援を申し出た態度にはすがすがしいものを感じます。その反面、南部諸州にもっとも近い外国からの支援申し出を黙殺した米国政府は、自己本位の対外政策やイデオロギーのためにカトリーナの犠牲者を増やす結果となったといわれても仕方ないでしょう。

(日本キューバ友好協会理事長・鶴田満彦)


 

←前の記事      ↑アーカイブ目次      次の記事→

トップページ