テロリズム反対、真実・正義追求のハバナ国際会議に参加して

日本キューバ友好協会機関紙「日本とキューバ」第239号掲載

日本キューバ友好協会理事長 鶴田満彦

 「『人間の尊厳の擁護』国際ネットワーク」のキューバ会議の呼びかけで、6月2日から4日にかけてハバナのコンヴェンション・パレスで開催された国際会議「テロリズムに反対し、真実と正義を求める」に参加しました。
 このイベントに関する最初の情報を入手したのは、5月26日、ICAP(キューバ諸国民友好協会)のアジア・太平洋担当のアリシア・コレデーラさんからの電子メールによってです。そこには、「キューバ友好協会の理事長の出席は重要です」とありました。翌27日には、エルナンデス駐日キューバ大使から秘書の山中さんをつうじて、このイベントへの参加を強く勧める電話をいただきました。後に現地で聞いたところによると、このイベントが企画されたのが半月前、実際の準備期間は1週間だったとのことで、国際会議としては、異例の短い準備期間です。ポサーダ・カリーレス問題(第39回総会特別決議参照)が、この会議の重要な背景となっていることが分かります。

 6月1日に成田を出発し、メキシコ・シティ経由でハバナのホセ・マルティ空港に着いたのが、会議初日の2日の午後3時過ぎ。空港の降乗デッキにまで出迎えに来てくれたICAPのホアン・ポソ氏の案内で会場に到着したのは、4時過ぎでした。会場はほぼ満員で、アリシアさんが確保していてくれた同時通訳付の席に辛うじて座ることができました(主催者によると、参加者は67か国681名で、他に800名程のキューバ人が参加)。壇上には、フロアから見て右側にはフィデル・カストロ議長をはじめとする議長団(実際の進行は、新聞記者のランディ・アロンソ氏が担当)、左側には各セッションのパネリストが席を占めていました。会場の正面高くには、「人類は正義を熱望している」、左側には「より良い世界は可能だ―フィデル」、右側には「人類こそ祖国だ―ホセ・マルティ」というスローガンが掲げられていました。
 この会議の日程は、開会行事に続いて、1)「マイアミ・コネクション」、2)「コンドル作戦(その1)」、3)「コンドル作戦(その2)」、4)「記憶」、5)「メディアの陰謀」、6)「ベネズエラの道理」、7)「米国」という7つのセッションがあり、最後が、閉会行事となっていました。私は、第2セッションから参加したわけです。会議の終了時刻は、プログラムでは夕食休憩なしの午後8時になっていましたが、実際には、初日、2日目とも9時過ぎで、最終日は、10時にまで及びました。
 会議での発言者は70人を超えましたが、その大部分は、コンドル作戦など、米国のCIAが、中南米の軍事政権や亡命反革命勢力と結託して行った大規模な国家テロに関するその犠牲者や家族、救出にあたった弁護士・ジャーナリストらの証言と告発でした。その多くは、感動的で教訓に満ちたものでしたが、私としては、「アルゼンチンの母」と呼ばれ、軍事政権による拉致や拷問の被害者の救出に尽力した同国人権活動家ノラ・コルティニャスさん、米国の反テロ政策の二重基準と欺瞞性を鋭く追及し、キューバへの連帯を堂々と訴えたべネズエラのランヘル副大統領、マイアミの亡命反革命キューバ人による対キューバ・テロに関する情報を本国に通報したために1998年にスパイ罪で捕らえられ、米国内に収監されている「5人の愛国者」の1人の娘で、涙ながらにテロとの戦いを訴えたイルマ・ゴンサーレスさんの発言がとくに印象的でした。
 朝の開会時刻が早く、夜の終了時刻も遅いのに対して、昼食休憩は2時間もあったので、ICAPのアリシアさんの配慮で、フィリピン、オーストラリア、インド、スリランカなどアジア・太平洋地域のキューバ友好協会の代表者たちと交流を深めることができました。また、日刊キューバ共産主義青年同盟新聞『フベントゥ・レベルデ』の取材を受け、6月4日の紙面には「アジアからの宣言。距離も文化の違いも障害ではなかった。もっとも遠い大陸のキューバと連帯する複数の協会も真実と正義に賛同」という導入に続いて、フィリピン、日本、オーストラリアに関する記事が掲載されました。そのうち日本に関する部分の要旨は次のとおり。「広島と長崎への原爆投下は米国のテロリズムのもっとも残忍な行為の一つであり、その犠牲者である日本の代表の出席は、このハバナでの会議に不可欠だった。日本キューバ友好協会理事長の鶴田教授は、『昔は力が正義といわれたが、現代は真実が正義である。私たちは真実を立証しながらテロと戦わねばならない』と明言し、米国政府がポサーダ・カリーレス事件に関して二重基準の政策をとっているというこの会議の実質的な合意に賛同した」。
 カストロ議長は閉会の辞でも「米国の原爆投下は典型的なテロ行為」と言明し、米国が新型核兵器の開発を行っていることを非難しました。また、現代消費社会における人間性危機・環境問題にも言及し、テロの概念を拡張して、経済的テロ、社会的テロにも対処しなければならないことを強調しました。
 会議終了後、午後11時から、カール・マルクス劇場で、このイベントの一環として、1973年の反革命クーデタ(もう一つの9.11)で虐殺されたチリの音楽家ヴィクトル・ハラを記念するコンサートが行われました。20近くのバンドが出演し、ハラの曲もハラに捧げる曲もありましたが、いずれも澄んだ音色のハラにふさわしいものでした。コンサートの終了が午前2時。ホテルへ帰って遅い夜食をとったのが、3時過ぎでした。(主催者から、この会議の主題に関するビデオ、CD、本などの資料を貰ってきました。協会事務所に備えてありますので、関心のある方はご覧ください。)


 

←前の記事      ↑アーカイブ目次      次の記事→

トップページ