3人」の帰還を喜び、キューバ・米国の国交正常化交渉の成功を期待する

 

 20141217日、不公平な裁判で不当に重刑を科され、16年以上も米国で拘束されていたヘラルド・エルナンデス氏、ラモン・ラバニノ氏、アントニオ・ゲレーロ氏が米国オバマ大統領の英断で自由の身になり、無事キューバに帰還するとともに、キューバ共和国が米国と国交正常化の交渉を開始することになったとの報道を、限りない喜びをもって受け取りました。これは粘り強く交渉を重ねてきたキューバ政府とそれを支援してきたキューバ国民の勝利であるとともに、正義と真実を求めてきた全世界の人々の勝利です。この人々のなかには、もちろん、ローマ法王フランシスコ一世や元ローマ法王ベネディクト一六世が含まれています。

 

 日本キューバ友好協会は 、本年、9月6日、米国オバマ大統領にたいして、対キューバ政策を転換し、第一に1982年以来米国国務省が公表してきたテロ支援国家のリストから、キューバを削除すること、第二に米国が50年以上も続けてきた対キューバ封鎖を解除すること、第三に、なお米国の刑務所に収監されている3人のキューバ人を解放することを要請しました。

 

 このうち、第三点は本日実現しましたし、第一の点と第二の点も、今後の国交正常化交渉の過程で、必ず実現するでしょう。

 

 キューバ共和国と米国が、相互に尊重しつつ、共存・共栄の関係を築くことは、米州はもとより、世界の平和と繁栄にとって歴史的な進歩となるものと信じます。

 

 この成果に貢献した人々、とりわけキューバ共和国のラウル・ カストロ議長と米国オバマ大統領を賞賛します。日本の安倍首相も、両国の国交正常化交渉開始を歓迎する意向を表明したと伝えられていますが、この限りでは、安倍首相の意向表明も支持します。

 

 キューバ共和国と米国との国交正常化交渉が、できるだけ早急に、成功裡に結実することを願います。

 

20141218日 日本キューバ友好協会 理事長 鶴田満彦

 

 

アーカイブ

 

トップページ