日本キューバ友好協会理事長声明

「国際テロリスト、ルイス・ポサーダ・カリーレスのベネズエラへの即時引渡しを要求する」


 周知の通り、5月17日火曜日、米国のフロリダ州マイアミでルイス・ポサーダ・カリーレスが、米国土安全保障省によって同国への不法入国の疑いで逮捕、拘留された。このポサーダ・カリーレスなる人物は、この5月に解禁された同国の連邦捜査局(FBI)及び米国中央情報局(CIA)の秘密文書などからも明らかのように、長い間CIAの要員をつとめ、1976年10月のバルバドスにおける73名の犠牲者を出したキューバ航空機爆破事件や1997年のキューバのハバナ市におけるホテル爆破事件などの数々の秘密破壊活動の主犯格であり、テロリストとして、キューバ、ベネズエラ政府より国際的に指名手配されていた人物である。
 さらに、この人物は、近年2000年にはイベロアメリカ首脳会議がパナマで開催された際に、キューバのカストロ議長暗殺計画を企て、その主犯として逮捕され、懲役8年の刑に服していた。しかし、刑期満了以前の昨年8月末、ミレヤ・モスコソ大統領の任期終了直前に米国の圧力によって異例にも釈放されたいわくつきの人物でもある。ポサーダ・カリーレスは、本年3月米国にひそかに入国し、米国の諜報活動への貢献を理由に、米国政府に特別の亡命許可を申請していた。しかし、米国政府は、ベネズエラ政府の正式な要請や、国際世論をも無視して、ポサーダ・カリーレスのマイアミにおける存在が明白であるにも関わらず、彼の逮捕に積極的には行動しなかった。
 しかも、今回の逮捕の容疑が、米国への不法入国ということだけで、解禁された自国政府機関の文書でも明らかとなっている国際的暗殺・破壊テロ活動の容疑とされていないことは、極めて重大な問題である。国際テロリストを単に不法入国という移民問題として扱い、引渡しを要請されているベネズエラに引き渡すのではなく、彼の亡命を認めたり、あるいは彼の身柄を保護する国に「追放」したりするのであれば、ブッシュ政権のテロ対策が明らかに二重基準(ダブル・スタンダード)であることを示している。あらゆるテロは地球上から撲滅されなければならない。しかし、そのためには、すべての関係国が協力してテロリストに対処しなければ、その目的は達成されない。
 われわれは、ブッシュ政権が、国際法と正義にもとづいて、犯罪人引渡し条約を結んでいるベネズエラ・ボリバリアーナ共和国に国際テロリストであるポサーダ・カリーレスを、即時かつ無条件に引き渡すよう要求するものである。

2005年5月20日

日本キューバ友好協会理事長
鶴田満彦


 

←前の記事      ↑アーカイブ目次      次の記事→

トップページ