日本キューバ友好協会第46回定期総会決議

及び

46回定期総会へのメッセージ ICAP総裁ケニア・セラーノ・プイグ

 

 

46回定期総会決議 キューバ国民へのメッセージ

 

 親愛なるキューバ国民の皆さん!経済・社会モデルの革新を進めて経済活動を活性化させ、国民生活を向上させようとしている貴方がたの努力に深い敬意を表します。

 

 昨2011年から本年にかけては、ギリシャ財政危機に端を発するEU・ユーロ危機を理由として先進資本主義諸国が緊縮政策を国民に押し付け、その結果、失業がいっそう増大し、富と所得の格差の拡大がますます進むといった不安定で不公正な経済情勢が続いています。こうした世界的経済環境のなかで、食料や原油の価格高騰にもかかわらず、キューバ経済が、観光産業などの振興と貴方がたの努力によって、昨年2.7%の経済成長を達成したことを私たちは、高く評価するものです。

 

 さらに、貴方がたの国では特別な役割を果たしているキューバ共産党が、全国民的討議を経た後に、昨年4月の第6回党大会で、社会主義的平等原則は維持しつつも、企業の自主性を拡大し、市場をも利用しながら経済の活性化を進めるという「党と革命の経済・社会政策路線」を採択し、昨年夏の国会はこれを承認して法制度化し、この路線を推進し、監視する委員会を設置したことを歓迎するものです。そして本年1月末のキューバ共産党第1回全国会議では、ラウル・カストロ第一書記が「党の隊列内で模範を示すことから始めて、最大の民主主義を推進することがわれわれの責任である」と述べたことに私たちは注目しています。先進資本主義諸国のほとんどすべてが、1%対99%問題という不平等をかかえ、そのなかで民主主義も形骸化しつつあるのに対し、社会主義志向のキューバが最大の民主主義を推進しようとしていることに、私たちは、大きな期待をもっているからです。

 

 私たちは、昨年から今年にかけて、キューバを取り巻く政治状況が前進したことを喜ぶものです。昨年10月の第66回国連総会では、キューバから提出された「米国による対キューバ経済・ 通商・金融封鎖を終了させる必要性」という決議案が、186か国の賛成を得て、20年連続して可決・採択されました。昨年12月には、米国とカナダを除く33か国からなる中南米カリブ海諸国共同体が正式に発足しました。また、本年4月、米国主導で開催された第6回米州サミットでは、米国とカナダを除くすべての参加国がキューバも参加させるべきだと主張したのに対し、両国が同意せず、結局、なんらの最終文書も採択できずに閉会しました。これは、中南米カリブ海諸国の自主性・連帯性の強化を示しています。

 

 日本では、昨年3月の東日本大震災・原発過酷事故によって、2万人近くの人命が奪われ、今なお30万人以上の人々が不自由な避難生活を余儀なくされています。日本は、経済大国ではありましたが、けっして防災大国ではなかったことが、あらためて明らかになりました。この大災害に際し、キューバをはじめ世界の多くの国々から暖かいお見舞いと支援の申し出でをいただいたことに心から感謝するとともに、私たちは、この大災害を教訓として、人命と安全と平和を最優先するような新しい国づくりに努める決意です。

 

 

友愛と連帯の挨拶をもって。

 

2012527日  東京にて 日本キューバ友好協会第46回定期総会

 

 

46回総会へのメッセージ ICAP総裁ケニ・セラーノ・プイグ

 

親愛な友人である鶴田理事長ならびに日本キューバ友好協会のすべての会員の皆さん!

 

 キューバ諸国民友好協会(ICAP)は、貴方がたのような友人を頼りにしていることを大きな名誉だと考えています。なぜならば、貴方がたは、長い間にわたってキューバとの連帯の仕事を優先すべきものと考え、そのために毎年定期総会を開催し、そこで貴方がたは共同して前期になされた諸努力を分析し、将来の諸目的に集中しようとされているからです。したがって、貴方がたが長年キューバ国民に対してなされてきた偉大な連帯の仕事、私たちが誇りに思い、そのことを決して忘れることのない貴方がたの連帯の仕事に主として感謝の意を表明するために、第46回定期総会にあたって、貴方がたに友愛のメッセージを送ることは私たちの義務であり、喜びでもあります。

 

 私たちも貴方がたも、現在、国際的連帯がいかに重要であるかについて確信をもっています。それは、進歩的諸国民への敵対勢力が、戦争を惹き起こすための少なからぬ行動を起こしているからであり、不平等と貧困をもたらす社会問題を増大させているからです。キューバ共産党第6回大会および党全国会議以後、わが国は、その経済モデルを革新して、国際市場変動のわが国への否定的影響を最小にし、そのための条件がある領域では私たちが自給・自足できるようにすべての努力を傾注しています。この点については多くのことが言われていますが、私たちはもはやどんな小さな誤りをも犯す余裕がないということを考慮して、私たちに最適と考えられる道を進んでいます。なぜならば、私たちの社会主義的プロジェクトへの主要敵は、常に機会をとらえようとしているからです。半世紀にもわたって、米国沿岸からわずか90マイル先で行われているキューバの実例は、米国政府が忘れもしないし、許すこともしないものなのです。

 

 同時に私たちは、貴方がたから受け取ったすべての連帯の活動を決して忘れないということを誇らかに断言します。貴方がたがキューバ文化を普及している方法、米国の不公正な封鎖を解除するために企画された様々な活動、強力なマスメディアによって常に歪められて伝えられる私たちの真実を擁護する活動、私たちの自己決定権と主権を支援する活動、なかでも、キューバの5人の反テロの英雄に対する大きな不正に終止符を打つ活動、これらは、キューバ国民にとって巨大な価値をもっています。これらのすべての例を通じて、私たちは貴方がたのすべてとの連帯の深まりを感じ、貴方がたこそまさに日本におけるキューバ連帯運動の強力なエンジンとなっていることを感じます。

 

 バラク・オバマ氏とかれが運営している政府が、5人のキューバの英雄の解放のための国際的圧力を感じているということは、非常に重要なことです。時が経過するにつれて、不正はより大きなものとなり、5人の親戚たちは我慢できなくなり、現時点で重篤におちいっているレネの兄弟のように、病気にさえなっています。したがって、私は、これまでになされてきたすべての事で貴方がたがもう十分だとお考えにならないようにお願い申し上げます。米国の世論にインパクトを与えるような新たな活動を企画することは、緊急に必要です。なぜならば、その部面においてこそ、闘争を勝利に導かなければならないからです。法的な手続きはほとんど閉鎖されているのですから、国際的支援のみが、5人がいつの日かキューバに帰還することを可能にするのです。

 

 どうか、この重要な総会を準備されたことに対するICAPの感謝の念を感じとってください。私たちは、この総会が、日本におけるキューバとの連帯運動を強化するための新たな前進の一歩となることを疑いません。貴方がたのような友人とともに、私たちは、その実現をめざして闘っているよりよい世界は必ず実現されるものと確信しています。

 

 

 

友愛の念をもって!

 

2012423日、ハバナ市

CAP(キューバ諸国民友好協会)総裁 ケニア・セラーノ・プイグ

 

 

 

アーカイブへの目次

 

 

トップページ