論評−ブッシュ政権によるいわれなき非難


 最近、ブッシュ政権とカストロ政権との間で激しい非難の応酬が続いている。ブッシュ政権が、5月6日に対キューバ締付け政策の強化策を発表したあと、6月14日、米国国務省は、「人身売買報告書」を発表し、その中の西半球編で、「キューバ政府は、売春を認めてはいないが、売春問題に十分取組んでいない。キューバは外国人売春ツアーの目的地となっており、14−17歳の少女が売春の犠牲者となっている。政府経営の観光ホテルで、勤務員が賄賂を受け取って、売春行為の場所に使用することを許している。政府による売春取締りのキャンペーンもなされていない」などと一方的に非難した。

 これに対し、キューバのカストロ議長は、6月21日、「キューバを違法な人身売買国リストに含めるのは笑止千万であり、毎年の国務省報告で、キューバが売春ツアーを、それも少女売春ツアーを推進していると述べるにいたっては、破廉恥かつ辟易するものである」と反論した。さらに、カストロ議長は、「キューバは、米国よりも遥かに乳児の生命を大事にするし、それは乳児死亡率が、米国よりも低いことに示されている。義務教育の一学級あたりの生徒数も、米国の30人以上に対し、20人以下となっている。米国は、不当にもキューバ系市民のキューバ渡航を制限したが、キューバは、9・11で死亡した米国市民と同数の3000人の米国市民患者を無料でキューバでの治療に招待したい」と提案した。

 しかし、ブッシュ大統領は、これにはまったく応えず、7月17日タンパでの演説で、「カストロ体制は、キューバを売春国家に変質させ、東南アジアに代わって米国人、カナダ人のセックス・ツアー、少女売春の目的地となっている。カストロ体制は、世界でも最悪の人権侵害国のひとつとなっており、独裁者はセックス・ツアーを歓迎している。それを解決する方法は、急速かつ平和的な民主主義国家への移行である」と非難した。

 すぐさま、カストロ議長は、7月26日の演説で、米国人心理学者のジャスティン・A・フランク博士の著書『長いすのブッシュ』を引用して「ブッシュはかつてアルコール中毒であり、その後適当な手当てを受けなかったのでその影響が現れている。ブッシュ大統領は、複雑な考えや情報を理解する能力に欠けるかもしれない」とブッシュ大統領の異常性を詳細に言及。また、映画監督のマイケル・ムーアを引用して、「ブッシュは、成人の読み書きの水準に達していない」と指摘し、さらにリチャード・クラーク著『すべての敵と戦って』を引用して、「早い時期から、ブッシュは余り本を読まないということに驚いた」とブッシュの知的水準を揶揄した。さらに、カストロ議長は、「米国市民およびカナダ市民のキューバへの観光をセックス・ツアーと決めつけ、キューバに旅行するのは少女売春が目的であると述べているが、ほとんどは退職した、老年の人々で家族と一緒にキューバに旅行している事実を知らない」と非難し、ブッシュがキューバの売春を口実に、「キューバを侵略するよう、神は指示をブッシュに与えないであろうが、甚大な誤りを犯すのを避けるよう導いてほしいものだ」と結んだ。

 こうした応酬で、注目されることは、カストロ議長が、ブッシュ大統領批判の公開書簡や演説の冒頭で、関連の外信や、米国側の主張を克明に引用してキューバ国民に知らせていることである。そうした相手側の歪曲した主張に対応して、キューバ側の主張を展開していることは、自らの立場に絶対的な正当性を確信しているからであろう。ここには、海外のキューバ批判を国民の耳から隠すという独裁者によくある策略はまったくみられない。

 ところで、米国の肥大し、歪められたセックス産業、売春、ポルノ産業はよく知られているが、革命前のキューバの売春制度は、驚くべきものであった。1959年人口600万人のキューバで10万人の売春婦がいたといわれている。女性人口の3%強に相当する。日本の人口で換算すれば200万人に相当する。ハバナ市には270の売春宿があった。いかに歪んだ社会であったかがわかろう。

 「1950年代のキューバは醜悪かつ退廃的な地で、アメリカのピューリタン的な雰囲気から逃れたい金持ちの恰好の遊び場となっていた。ここでは合法的なキャンブルもできれば、性的な快楽を金で買うこともできた。賭博に酒、セックスショーと売春の街だった。」

 これは、著名な米国人ジャーナリストのハルバースタムの描写である。1959年勝利したキューバ革命政府は、直ちに売春婦の社会復帰の指導に着手し、61年には法律第993号であらゆる売春を禁止し、65年には売春制度を一掃した。しかし、90年代に入って、キューバの観光業が発展するにつれて、また経済困難の中で経済におけるドルの価値が高まったことから、観光地で外国人観光客目当てに売春を行う若い女性が増えたことも事実である。しかし、その数は、非常に限定されたものであり、組織化されたものではない。キューバ政府も、キューバ社会も反売春行為の社会キャンペーンを行っている。キューバが、西半球で最も女性の尊厳が認められている国であることは、事実を率直に見るならば、だれしも否定できないであろう。(岡知和)

 

←前の記事      ↑アーカイブ目次      次の記事→

トップページ