キューバ諸国民友好協会総裁

ケニア・セラーノ・プイグ氏のメッセージ

 

2011年3月11日、ハバナ市 キューバ友好団体 代表者各位

親愛なる友人の皆様

 

私たちは深い悲しみをもって、この度貴国に甚大な被害を及ぼした大地震のニュースを知りました。この地震は日本史上最悪のものとされ、被害はいまだ計り知れませんが、大勢の人命が失われたことやインフラへの二次被害、南米やアジア各国の海岸への津波に対する警戒などが伝えられています。本質的にみてこの甚大な被害が私たちに改めて思い出させるのは、フィデル・カストロ最高司令官が人類の幸福のため、そして気候変動が引き起こしている悲惨な結果に立ち向かうための政治的意志をひとつにしようとしながら取り組んでいる終わりなき闘いです。

キューバ諸国民友好協会(ICAP)はこの手紙を通じて日本の友人の皆様にこの惨事の発生に際し、心からお悔やみの気持ちをお送りします。この気持ちが特に、もっとも深刻な被災地域である宮城県、岩手県、茨城県、栃木県、千葉県、東京都、ならびに日本全国に届くことを願っております。同時に、私たちが感情のこもった深い友好関係をもっている勤勉で連帯的な日本国民の誠実な代表である皆様に、キューバ国民とICAP関係者はこの悲劇を前に連帯し、全面的に協力する用意があることをお伝えします。

 

友愛の気持ちをこめて            キューバ諸国民友好協会総裁ケニア・セラーノ・プイグ



アーカイブ目次に戻る

トップページ