2003年5月9日、日本キューバ友好協会『事務局ニュース』第3号掲載

キューバの国民的英雄、ホセ・マルティ

岡部廣治(元津田塾大教授)

 今年のキューバでの呼称(「マルティ没後150年、モンカダ兵営襲撃50年の栄えある記念の年」)にある「モンカダ」が「キューバ革命」の口火を切った襲撃の対象となった兵営の名から出てきていることは、「ニュース」前号(第2号)の記事の通りですが、もう一つの「マルティ」はキューバの国民的英雄です。キューバの首都ハバナの革命広場、高さ142メートルのオベリスク(尖塔)を背に、右ひじを右ひざに置いて、革命の前進を見まもっているかにみえる像が、ほかならぬホセ・マルティです。彼の胸像は、すべての学校の前でもみることができます。
 ホセ・マルティが生まれたのは1853年1月28日です。モンカダ兵営を襲撃したフィデル・カストロら青年たちは、マルティ生誕百年を記念して「百年記念の世代」と自分たちを名づけて、革命闘争に立ち上がったのでした。そして、その襲撃の失敗後、逮捕されたフィデル・カストロは、非公開裁判での自己弁護、「歴史は私に無罪を宣告するであろう」という有名な一文で終わった名弁論のなかで、マルティこそが「7月26日の知的作者(autor intelectual)」だと喝破しました。
 1868年10月10日、東部オリエンテ州のデマハグァ農園でカルロス・マヌエル・デ・セスペデスがスペイン植民地支配に反旗をひるがえし「十年戦争」(第1次独立戦争)がはじまると、多感なホセ・マルティは、独立運動に参加しました。詩劇「アブダラ」を69年1月23日付の彼自身が編集した1号だけの雑誌『自由な祖国』に発表して、植民地支配からの祖国の解放に身をささげる固い決意を、主人公アブダラに託して表明しました。それ以後、彼は一度たりとも、節を曲げることはありませんでした。
 69年10月21日逮捕。17歳の彼は、翌70年4月から4ヵ月間、足と腰とを鎖でつながれて1日10時間炎天下での石切作業という重労働。健康上の理由で、タバコ工場での労働に移されたのち、10月にはピノス島(「青年の島」)に、そして、その年の暮にはスペインに国外追放されました。74年までのスペイン滞在中、大学・図書館などでの勉学で、民主主義反植民地主義を身につけキューバ独立の理論的基礎を確立。75〜79年のメキシコとグァテマラでのジャーナリスト生活では、ヨーロッパともアメリカ合州国ともことなる「ラテンアメリカ的な」ものを把握、とりわけ先住民の文化遺産に注目。78年からキューバで非合法活動。8月24日「小戦争(Guerra Chiquita)」(翌年8月に実質終結)が開始されると、9月、逮捕され再びスペインへ国外追放されました。しかし、80年初頭には、フランスを経由してニューヨークに到着。キューバ革命委員会の代表に選出され、臨時委員長にも。81年の7ヵ月間弱の南米革命の揺籃の地ベネスエラ滞在中には、「アメリカ主義(Americanismo)」に目覚めました。
 その後は、おもにアメリカ合州国にあって、キューバ革命家たちの統一と完全な独立のための準備に尽力しました。植民地権力の武力弾圧にたいして不可避と考えられた武装闘争の準備をするかたわら、キューバの独立=革命については、「十年戦争」から教訓を得て、軍事と政治との結合を強調しました。マクシモ・ゴメス、アントニオ・マセオ両将軍(「十年戦争」の軍事指導者)が軍事優先・冒険主義にはしろうとしたときには、独立=革命勢力の側に確固たる政治組織がない以上、併合主義党(アメリカ合州国への併合を主張)に利用されるだけであると、断固、反対しました。そして、84−87年には、革命運動から離れさえしました。もちろん、その後、87年11月30日には執行委員会委員長に選出され、おもに革命の政治的基盤づくりにとりかかりました。
 こうして、政治的統一を強固にするため、92年1月10日にはキューバ革命党(Partido Revolucionario Cubano)を結成。1)「キューバの完全独立の達成、プエルトリコの独立の推進・援助」(併合主義の拒絶)のための戦争の準備、2) 在外独立諸勢力の統一とキューバ内の勢力との連絡の確立、3)「カウディージョ主義」・軍国主義的逸脱の排除、4)「共和主義的精神・方法による戦争」の実施に寄与するような民主的諸原則の順守を主要原則としました。そして、95年2月24日の武装蜂起を指令したのでした。
 アメリカ合州国では、ジャーナリスト、外交官(ウルグァイ、アルゼンチン、パラグァイの領事)としても、「怪物の胎内」でアメリカ合州国の民主的伝統とともに、独占資本に毒されて芽生えつつあった帝国主義をも熟知することとなりました。「もう一つのアメリカ」にたいする「われらのアメリカ」という思想は、こうして生まれました。その思想は、彼の死の前日に記されたメキシコの友人マヌエル・メルカドにあてた未完の書簡に、つぎのように書きとどめられました。 
 「合州国は、アンティル諸島に手をのばし、さらに強大な力でもって、アメリカのわれらの国ぐにに襲いかかろうとしています。それをキューバの独立でもって阻止するのが、私の義務です。そして、その義務のために、私は、生命をささげる危険に絶えずさらされているのです」。
 ホセ・マルティは、いうまでもなく、たんに知識=思想の人だけではありませんでした。1895年4月11日、ドミニカ共和国に亡命していたマクシモ・ゴメスとともに、キューバのオリエンテ州カホカボ海岸に上陸し、第2次独立戦争に参加しました。そして、上の言葉を記した翌日の5月19日、ドスリオスで、草むらに隠れていたスペイン植民地軍の兵の弾を受け、42年と4ヵ月足らずの短い生涯を終えたのでした。

 

↑アーカイブ目次         次の記事→

トップページ